留学に行く際に何を持っていけば良いのか、日本で買っていくと良いものについてまとめていきます。

まず持っていくと便利なものとして歯ブラシをあげることができます。

歯ブラシは基本的に留学先でも買うことができますが、日本人が普段使っているタイプと異なり大きすぎたり硬すぎたりします。そうすると磨き残しがたまり、帰国後にむし歯になっている可能性もあります。

次に圧縮袋も持っていくと便利です。
行くときに圧縮袋にいれて持っていけば、行くときもすっきりまとめることができるし、帰りにも役に立ちます。



留学が長期間であればあるほど行くときに持っていたスーツケースには入らないので、日本に荷物をあらかじめ送ったり新たなスーツケースを買う場合もありますが、圧縮袋はどの場合でも使うことができるので行きに使った分よりも少し多めに持っていくことをおすすめします。



また日本語で書いてある文法の参考書も語学力にあまり自信がない方には留学先で使うことができます。

今、話題の便利なNAVERまとめについて知りたいならこちらです。

文法を英語で説明されてもよくわからなかったり、すっきりした答えが得られなかったりした場合に復習に時間がかかることがあります。

そうした時に日本語の文法の参考書があればわからなかったことも理解しやすくなります。日本語で理解したら意味がないのではないかと考える方もいるかもしれませんが、文法の復習をするのに日本語の参考書を使うことは良い場合もあります。

海外に留学に行く際は日本で買って持って行ったほうが便利なものもありますし、荷物を増やしてしまうため海外で買ったほうが良いものもあります。
行く場所の情報を確認し、充実した生活を送ることができるようにしましょう。

 
Copyright (C) 2016 留学に持っていくと良いもの All Rights Reserved.